夢追い人のカッツカツ生活

20代前半である私の月々の手取りは15万円から30万円です。

約倍額もの大きな振り幅があるのは、私が特定の会社に雇用されている所謂「勤め人」ではないことに理由があります。

やりたいことや目標がはっきりとあって、その為に自分自身で選んだ道なので苦に感じることもなければ後悔もしていません。

しかしながら、月によって最高で15万円も違いが出てくるとなれば、当然収入の遣い道についてもよく考えなければならないことも確かです。

基本的には、必ず手元に入って来るであろう15万円の中で月々の遣り繰りを考えていきます。

幸いなことに実家暮らしをさせて貰っているので、住居費・食費・ガスや水道や電気代などについては月に3万円を家に入れること、そして自分のことだけではなく一緒に住む家族と協力をしながら家事を助け合うということで手を打って貰っています。

そして化粧品や交通費などの仕事の経費、女性として手を抜けない最低限の美容に掛かる費用など。これらに4万円から5万円必要になるので、残るお金はあと7万円程です。

この残った7万円のうち、年金や通信料などの公的な出費による差し引きがおよそ4万円もありなかなか痛手です。

そこから手元に残った3万円をそのままそっくり預金通帳に貯金していけたら一番良いのですが、年齢的なこともあり、突然友達の結婚式の話が舞い込んで来ることもあるので貯金が全く出来ない月もたまにあります。

そんな時の為に、いつもよりも多く収入が入った月は出来るだけ貯金の為のお金を多く残して月々の差額が少なくなるように気を遣って遣り繰りしているのです。

また、勤め人ではないのでボーナスや有給などの制度もなく、いつも自分の働きがそのまま手取りに直結します。

なので、私のようにフリーランスで働く人にとって自分自身の身体や体調のことは、仕事をする上で一番優先的に考える必要性があるのだと常々感じています。

ちなみに私の姉は、看護師の仕事をしているんです。結婚して子供もいるん出すが、託児所がある病院の求人情報を探して今はそこに努めています。

やはり大変な仕事みたいですが、その分給料も多く、一般的な女性の給料と比べるとかなり稼いでいると思います。

姉の話を聞いたら、やはり私も看護師のように資格を取っておけばよかったのかな、とも考えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>