自由に使えるお金がなくて、困っています。

専業主婦がお金に困るときは、自分のものを買いたいときではないかと思います。
働いていない専業主婦は、自分の自由になるお金がないからです。

基本的に専業主婦は、夫が稼いだお金をもとに、一か月間やりくりしていくと思います。
住宅ローンや食費、子供の習い事費など、毎月決まった額が出ていく分については、だいたいの金額を頭に入れておいて、収入と支出のバランスが崩れないように、気を配っているものと思います。
でも、生きていくと、お金はどんどん出ていきます。
そして夫の収入は、なかなか増えません。

私がいつもお金に困るのは、季節の変わり目です。
子供が成長して、去年の服がまったく着られないことがあると、子供の洋服代がたくさんでていきます。
衣替えしてみたら、夫のスーツやコートがよれよれだったりすると、夫のスーツを新調するお金が、これまたたくさん出ていきます。
季節の変わり目は、ファッションの流行の変わり目でもあり、自分の服も新しく欲しくなりますが、専業主婦として、夫が稼いだお金を使うとなると、自分の服はいつも後回しになります。
気兼ねなく自由に使えるお金がほしいなと、つくづく感じる瞬間です。

また、特に赤字気味の時に、自分しか使わないものを買うときも、困ります。
今月赤字気味なのに、自分の化粧品に、こんなにお金をかけてしまっていいのだろうかなどと、悩ましく感じることが多々あります。
今月赤字気味だから、髪の毛がぼさぼさだけど、美容院は来月に行こうなどと、気を使うこともあります。
収支のバランスが頭に入っているだけ、赤字気味の月は、自分のものを買うのに、すごく慎重になってしまい、なんだかみすぼらしい気分で悲しくなってしまうこともあります。

自由に使えるお金がなくて、本当に困るときだけ使うために、私が持っているのは、昔、働いていた時の貯金です。
生活費とは分けて管理してあるので、私のへそくりということになるのでしょうか。
どうしてもお金を使いたいというときには、昔の貯金から少しずつ下ろして、使っています。

生活費には手を出していないので、生活に困ることもなく、私自身も自分のためにお金を使えて、満足することができます。
問題は、今は働いていないので、へそくり貯金は少しずつ減ってしまうということです。
残高を見る限り、少しずつ使えば、10年くらいは持ちそうな額は残っています。
へそくり貯金が減る前に、子供が大きくなったら働いて、自分の自由に使えるお金を増やしたいと、つくづく思います。

最近では、託児所付きの仕事も出てきているようで、友達はヤクルトレディをしながらこどもを預かってもらっています。
そんな働き方もありですよね。
本当に生き生きと仕事をしているのを見ていると、私もやってみようかなと思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>